読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青葉台旭のブログ

青葉台旭が日々思う事を書きます。未整理の思考の断片も書いていきます。整理された思考は http://aobadai-akira.hatenablog.com/ に投稿しなおしていますので、そちらもよろしくお願いします。

自作テーマを適用しました。現状、一部のブラウザで色指定が機能していません。

自作テーマを適用しました。 CSS3のカスタムプロパティを使用しています。現状まだ一部のブラウザではサポートされていない機能なので、色指定できていません。 指定した色が反映されないブラウザ Microsoft Internet Exprorer の全てのバージョン Microsoft…

以下のエントリーを検討して置くこと。

fujipon.hatenablog.com

文章投稿ウェブサービスについて調べて置く。

lifeCLIPS shortnote g.o.a.t textt pplog

markdown 表のテスト

コード表記 表 生のコードを書くときは バッククォート三連の後に言語名。そしてバッククォート三連でブロックを閉める。 注意。コード表記でも全角文字はプロポーショナルになる時がある。(表が崩れる) ### 果物 |名前 |色 |値段(一番高いもの)| |:----…

はてなブログ・テーマストアに投稿したテーマに"Resposive: yes"を加筆した。

まさか、最初のコメント欄に"Responsive: yes"と書いて、しかも、ブログ側の設定でレスポンシブを有効にしないとスマホで文字が小さくなるとは思わなかった。

僕の考えた最強のSNS。

ブログがSNS的になり、SNSがブログ的になっている現状、もはやブログかSNSかというカテゴリー分けには、ほとんど意味が無いが、とりあえず今はSNSという呼び名を使う。 最近SNSについて考える事が多いので、ここらで一発「僕の考えた最強のS…

完全SNSと不完全SNS

そろそろ「ブログ」「ブロガー」という言葉が実態を表さなくなっていると思う。

ある人が、外国人に言われたそうである。 どこかのウェブサイトに書かれていた話だが、ある日本人が、外国人に「なんで日本人はブログで日記ばかり書くのか」と聞かれたそうである。その外国人が言うには、ブログというのは自分の思想や主義や主張など知的で…

facebookページを作った。

https://www.facebook.com/AobadaiAkira/

フェイスブックもツイッターもはてなブログもタンブラーもミディアムもノートもカクヨムも小説家になろうも、みんなまとめて「コンテンツ管理サービス」だ。

それぞれのサービスが互いの良い所を取り込んで、その結果境界が曖昧になって、もう、SNSとブログサービスの違いとは? っていう議論自体が無意味になった。 要は、これら全部、自分のコンテンツ(主に自分が書いた文章)を投稿して管理するサービスとい…

「tumblr は自分のページをカスタマイズできる」には落とし穴がある。

どんなにカスタマイズしても、個々の記事はフォロワーのタイムラインに表示されるだけ。 訂正。 長文の場合、クリックすると元のサイトにもどる。 再度訂正。そういう訳でもないらしい。

そろそろ「ブログ」「ブロガー」に代わる名詞を探したほうがいい。

最新型ブログは、本当にブログなのか。

別のものに進化している。

時代が下るにつれて、ある言葉が元々持っていた意味が失われたり、変化していくことはよくある。

ウィスキーとは「命の水」のうち水の部分。 ウイスキー - Wikipedia

日が、少し短くなったな。

冬来たりなば春遠からじ、夏来たりなば秋遠からじ、という訳だ。

ブログには二つの機能がある。書くための機能と読むための機能。

結局、インターネットの機能は4つしかない。作成し、保存し、公開し、閲覧する。

ネット上のあらゆるコンテンツは、 誰かが作成し、 世界のどこかにあるハードディスクに保存され、 URLと紐づけられて公開され、 世界の誰かに見られる。 これだけ。それ以外は、付加機能だ。

Medium の認証に、パスワードは必要ないらしい。

コンテンツ投稿/閲覧サービスに於いて、ログインして最初に表示される画面は大事。

最近は、そこにフォローした相手の投稿がタイムライン状に並んでいるのが流行だ。しかし、それが本当に正解なのだろうか。

西暦2000年代のウェブの画面構成は総じてごちゃごちゃしていたのかもしれない。

2000年代のウェブ・サービス 西暦2000年代のウェブの画面構成は総じてごちゃごちゃしていたような気がする。3ペインで、フォントが小さく、要素ブロックが多く、小さなブロックが一つの画面にたくさん詰め込まれていた。 2010年代のウェブ・サ…

フェイスブックの画面構成は、何とかならんか。

ごちゃごちゃした3ペインで、全く使う気がしない。 世界中で、何十億人という人間が、あのごちゃごちゃしたインタフェースを使っているのか。

ブログを二つに分けました。

はてなブログを用途に合わせて以下の二つに分けました。 青葉台旭ブログ 「ハーレム禁止の最強剣士!」ブログ それぞれのブログの用途は以下の通りです。 青葉台旭ブログの用途 http://aobadai-akira-3.hatenablog.com/ 日々思った事を、未整理のままで良い…

はてなブログ内の検索では、複数条件による検索や、段階的な絞り込み検索が出来ない。

パンくずリストに意味なし。

log in という言葉。

gigazine.net

はてなブックマークの使い方を調べておく。

はてなメッセージも調べておく。

pen.io を調べておく。

端末によって css の色味が随分違う。どうするか。

medium と svbtle と note.mu など調べておく。ブランド名に note など一般的すぎる単語を使うと検索しづらい。

mediumjapan.twitter など。

はてなブログのテーマストアに、テーマを投稿しました。

はてなブログのテーマストア http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/ に、自作のテーマ「AobadaiStyle6red」を投稿しました。 http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/6653812171404992427 良かったら使ってみてください。

はてなブログのテーマストアに、テーマを投稿しました。

はてなブログのテーマストア http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/ に、自作のテーマ「AobadaiStyle6sky」を投稿しました。 http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/6653812171404963302 良かったら使ってみてください。

はてなブログのテーマストアに、テーマを投稿しました。

はてなブログのテーマストア http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/ に、自作のテーマ「AobadaiStyle5sky」を投稿しました。 http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/6653812171404962376 良かったら使ってみてください。

CSS で背景色をグラデーションさせる時は、background-color: linear-gradient ではなく、background-color: linear-gradient。

background-color は単色の色設定。 background は背景がらみの値を一度に設定する。

note.mu と medium.comをチェックして置くこと。

記事のタイトルのフォントと本文のフォントの大きさについて。

はてなブログ用のテーマを2つ投稿した。 AobadaiStyle5white AobadaiStyle6white AobadaiStyle5white が2カラムで、AobadaiStyle6whiteが1カラムだ。 どちらも、記事のタイトルと本文のフォントの大きさに、それほど差がつかないように気を付けた。 ツイ…

はてなブログのテーマストアに、テーマを投稿しました。

はてなブログのテーマストア http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/ に、自作のテーマ「AobadaiStyle6white」を投稿しました。 http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/6653812171404867466 良かったら使ってみてください。

はてなブログのテーマストアに、テーマを投稿しました。

はてなブログのテーマストア http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/ に、自作のテーマ「AobadaiStyle5white」を投稿しました。 http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/6653812171404757030 良かったら使ってみてください。

はてなブログの記事の中では、h3、h4、h5だけを使った方が無難かもしれない。

ツール・ボタンの見出しは、h3、h4、h5のみに対応している。 h1=ブログのタイトル h2=記事タイトル という解釈なのだろうか?

ウェブ投稿サービスについて思う事。直近9エントリーをひとつにしてみた。

直近の9エントリーをひとつにまとめてみた。 SNSもブログもメッセージ・アプリも、結局、情報の最小単位は「投稿」である。 SNSもブログもメッセージ・アプリも、結局、情報の最小単位は「投稿」である。 メッセージ・アプリなら相手に送る「メッセー…

シンプルノートというウェブサービスでは、内容の最初の1行がそのままタイトルになる。

シンプルノートというウェブサービスがある。 エバーノート等と同じノートアプリなのだが、エバーノートが重厚長大であるのに対し、シンプルノートは文章をメモする事だけに特化している。 名前の通りシンプルであることを売りにしているのだが、感心したの…

フロー型の記事と、ストック型の記事を同じインターフェースで使えれば最高だ。

人間には、日々思ったことをつらつらとツイッターに書くような「フロー型記事」も必要だし、じっくりと構成を練って数年後に読んでもちゃんと意味が通る「ストック型記事」も必要だ。 その両方を同じインターフェースで使えれば最高だ。

それぞれに最適化されたインターフェースと、統一されたインターフェース。

ユーザーには、それぞれのアプリケーションに最適化されたインターフェースを使いたいという欲求と、統一されたインターフェースで全てのアプリケーションを使いたいという欲求がある。 ワープロと表計算ソフトは、それぞれの使用目的に特化した別々のインタ…

人間の脳には「短期記憶領域」と「長期記憶領域」があるらしい。

毎日毎日、毎時間毎時間、頭に浮かんで来る「思いの断片」のようなもの(その多くは、その瞬間には意味があっても、時間が経てば価値が無くなる事) 長い時間かけて熟成させ、構築し、記憶するべきもの 脳内には、この2種類があるという事だ。 なぜ、2種類…

記事にタイトルがあるのはストック型。タイトルが無いのは「フロー型」

ブログの記事にタイトルがあるのはストック型メディアだから。ツイッターやSNSの投稿にタイトルが無いのは「フロー型メディア」だから。 つまり、ブログは後々参照しやすいように記事タイトルを要求し、ツイッターやSNSは「今、読まれる事」だけにフォ…

ブログは「ストック型」で、ツイッターは「フロー型」

ブログは、投稿した記事が、分類されて保存され、1年後、2年後に読み直す事を前提にしている。 ツイッターやSNSのフィードは、時間が経つと記事がどんどん流れていって、むかし書いた記事を読み直すようには出来ていない。(可能ではあるが、それを目的…

ブログもSNSもメールもメッセージアプリも掲示板も小説投稿サイトも「文章投稿アプリ」だ。

最近は、文章よりも、インスタグラムみたいな画像専用SNSなんかの方が勢いがあるが、文章にせよ画像にせよ動画にせよ、自分が観たり聞いたり考えたりしたことを記事として投稿(=インターネットにアップロード)して、それが集積されて受け手のスクリー…

ツイッターがSNSとして扱われるのは、投稿にタイトルがないからかもしれない。

ブログには、普通、個々の記事にタイトルがある。 ツイッターの個々のツイートにはタイトルが無い。 フェイスブックなどの一般的なSNSも個々の投稿にはタイトルが無い。 個々の投稿にタイトルが無いと、「ブログに文章を投稿している」という感覚が薄れて…

SNSもブログもメッセージ・アプリも、結局、情報の最小単位は「投稿」である。

SNSもブログもメッセージ・アプリも、結局、情報の最小単位は「投稿」である。 メッセージ・アプリなら相手に送る「メッセージ」 ブログなら「記事」 ツイッターなら「ツイート」 これらは、例えれば、生物にとっての「細胞」であり、物質に例えれば「原…

親戚に画像ファイルを何枚か送った。どの画像共有サービスが良いかで迷った。はてなフォトライフは結構良い。

親戚に画像ファイルを送る必要があって、画像共有サービスをいくつも試してみた。 何人か居る親戚のうち、ある者はパソコンで、ある者はアイフォンで閲覧することを想定して、パソコンでもスマホでも見やすいウェブサイトを探した。 スマホ専用のアプリを用…

インスタグラムには「コーディネート」というハッシュタグがある。あれを一度やってみたい。

インスタグラムに会員登録して早や数日。 しかしオッサンの俺が、このSNSをやるべき理由を未だに見つけられないでいる。 むなしい…… 前に、 インスタグラムで「ブロック塀」というハッシュタグを検索したら、わりと飽きなかった。 という記事を書いた。 …

SNSに我が子の写真を載せる時「田舎のお爺ちゃんお婆ちゃん見てる?」なのか「世界よ、可愛い我が子を見てっ!」なのか

SNSというものの意味を考えたとき、まあ、それはフェイスブック流に言えば「つながる」という事なのだろうが、つながるべき相手は一体誰なのだろうか、という事が気になって仕方がない。 世界中の不特定多数の事なのか、あるいは極く限られた家族、知人、…