読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青葉台旭のブログ

青葉台旭が日々思う事を書きます。未整理の思考の断片も書いていきます。整理された思考は http://aobadai-akira.hatenablog.com/ に投稿しなおしていますので、そちらもよろしくお願いします。

今年中に短編を1本と「ハーレム禁止の最強剣士!」最新話の更新をしたい。来年には「シルバーヘルメット」も。

いろいろ準備はしているのだが、今一つ最終的な流れのイメージが掴めていない。

山登りで言うと、8合目あたりで足踏みしている感じだ。

「はてなブログ」に引っ越して来て、改めてインターネットとは? ブログとは? SNSとは? という事を考えるようになったのも「小説家になろう」での更新が滞ってしまった原因だろうか。それらを考える事に頭と時間を使ってしまった。

シルバーヘルメットに関しては、実は後編の流れは頭の中にほぼ出来上がっているので直ぐにでも書き出せるのだが、まずは順番として短編、ハーレム禁止、シルバーヘルメットの順に投稿していきたいと思っている。

それと、残念ながら「ハーレム禁止の最強剣士!」でコンテストに参加してみたが落選してしまった。

改めて別のコンテストに応募してみようかとも思う。

皆さん、よろしくお願いします。

追記。

前の記事の、

インスタグラムには「コーディネート」というハッシュタグがある。あれを一度やってみたい。

で、私の書いた女性キャラ、

f:id:AobadaiAkira:20151219011618j:plain

について、

「これが果たして「ハーレム禁止の最強剣士!」のヒロイン、スュンなのか?」という件ですが、「そうかも知れないし、そうでないかも知れない」という感じです。

例えて言うなら「実在するスュンという女性を、ある女優が演じている」

「スュンという女性の姿の、あくまで『いくつかある解釈のうちの、ひとつ』でしかなく、『確定事項では無い』」くらいに思っていおいてください。

例えば『織田信長』って、映画やテレビで何十人という俳優が何度となく演じて来ているじゃないですか?

それぞれのストーリーや演出家や演じる俳優によって、10人いれば10通りの解釈が出来る、そのどれもが正しくもあり、また絶対では無い。

そんな感じで、あくまで「ひとつの解釈」程度です。

*以下、宣伝。

f:id:AobadaiAkira:20151201065137p:plain

青葉台旭・作
ハーレム禁止の最強剣士!

自作の小説です。よかったら読んでみてください。