読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青葉台旭ブログ

青葉台旭が日々思う事を書きます。未整理の思考の断片も書いていきます。整理された思考は http://aobadai-akira.hatenablog.com/ に投稿しなおしていますので、そちらもよろしくお願いします。

映画「残穢 -住んではいけない部屋-」の主演の竹内結子の「オバチャン演技」は素晴らしい。

映画 感想 未整理思考

言うまでもなく女優、竹内結子は美人である。とても端正な顔立ちをしている。

その竹内結子は、映画「残穢 -住んではいけない部屋-」では、中年の小説家を演じている。この「もっさりした、ちょっとダサめのオバチャン小説家」の演技が素晴らしい。とくに歩き方。なんともいえず「ダサい」。それが良い。

現実の原作者がどういう人物なのかは分からないが、少なくともこの映画における主人公は、職業こそミステリー・ホラー作家だが、私生活においては、「日本のどこにでも居そうな、ちょっとダサめのオバチャン」という設定だ。

その設定を竹内結子は見事に演じている。

残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋― [Blu-ray]

残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋― [Blu-ray]